企業のIoT導入を
もっと手軽で身近に

IoTBASE Cloudは、接続済みのセンサーやアプリを組み合わせるだけで
企業のIoT導入を実現するIoTクラウドサービスです。

 
 

企業のIoT導入を
もっと手軽で身近に

IoTBASE Cloudは、接続済みのセンサーやアプリを組み合わせるだけで
企業のIoT導入を実現するIoTクラウドサービスです。

 
 

企業のIoT導入を
もっと手軽で身近に

IoTBASE Cloudは、接続済みのセンサーやアプリを組み合わせるだけで
企業のIoT導入を実現するIoTクラウドサービスです。

複雑な導入プロセス

  • 課題解決に向けた最適な構成が分からない
  • 自社に最適なデバイスを探すのが大変
  • デバイス/通信/アプリと様々な会社との調整が必要

高額な開発コスト

  • 新規事業開発のため、予算が限られている
  • スクラッチ開発だと時間とコストが掛かる
  • 数台から気軽に試すことができない

豊富なラインナップから
デバイスやアプリケーションを選択

デバイスやユーザーを
統合管理できる管理コンソール

センサーから取得したデータを
直感的な画面で分かりやすく可視化

車両管理パッケージ

トラックや配送車の位置情報や運行管理ができる車両管理パッケージ

介護施設の高齢者見守りパッケージ

高齢者見守りパッケージ

複数センサーを活用した介護施設における高齢者の屋内外見守りパッケージ

幼稚園、保育園の屋内外見守りパッケージ

子供見守りパッケージ

複数センサーを活用した幼稚園、保育園の屋内外見守りパッケージ

カート・パレット所在管理パッケージ

カート・パレット所在管理パッケージ

商業施設・空港のカートや物流パレットの所在管理パッケージ

商業施設・ホテルのモニタリングパッケージ

商業施設・ホテル向けパッケージ

商業施設・ホテルの(トイレ/ロッカー/ゴミ箱/室温)モニタリングパッケージ

設備の傾き・転倒監視パッケージ

設備の傾き・転倒監視パッケージ

傾斜センサーを活用した設備の傾き・転倒監視パッケージ

食品の遠隔温度管理パッケージ

食品の遠隔温度管理パッケージ

HACCP対応に向けた食品の衛生管理を効率化する遠隔温度管理パッケージ

機械設備モニタリングパッケージ

機械設備の稼働監視パッケージ

工場内の積層信号灯の稼働状態を可視化する機械設備モニタリングパッケージ

1

Plannerでデバイスとアプリを選択し申込み

まず、Plannerで自社の課題に合わせて最適なデバイスとアプリを選択します。ご利用開始に必要なアカウント情報を記載し申込みを行います。
2

デバイス・アカウント情報の受領と初期設定

弊社でデバイスのキッティング、アプリのアカウント発行等を行い、すぐにご利用いただける状態にして発送します。お手元にデバイスとアプリのアカウント情報が届きましたら、Managerにログインいただき、デバイスやユーザー情報を登録します。
3

デバイスを設置しセンシング開始

センシングしたい場所にデバイスを取り付けたらデータの取得が始まります。センシングしたデータはCanvas上で確認いただけます。
共創事例

自社のIoT機器とIoTBASE Cloudを接続しお客様への提案に活用

社名 京セラ株式会社 設立 1959年4月 従業員数 76,863名(持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く。2019年3月31日現在) URL https://www.kyocera.co.jp/ POINT ・自社のIoT機器はデータを上げる手段はあるが、具体的なサービスまで確立できていなかった。 ・自社のIoT機器とIoTBASE Cloudを接続し協業開始。 ・サービス提案までできるようになったことで、今までになかった相談が増えた。 2019年4月で創業60年を迎え、多種多様な製品の開発、製造、販売を行っている京セラ様。同社が提供するIoT機器とIoTBASE Cloudを接続し、…
共創事例

自社デバイスとIoTCanvasでパッケージ製品を開発。お客様への提案がスムーズに

社名 レンジャーシステムズ株式会社 事業内容 ネットワーク・SI事業 設立 2007年10月 従業員数 50名 URL https://ranger-systems.co.jp/ POINT ・自社IoTデバイスの営業時に可視化画面はないかとお客様から求められることが多かったが、時間と費用が掛かることから開発できていなかった。 ・自社のIoTデバイスとIoTCanvasを接続したパッケージ製品を提供。 ・デバイスとアプリをセットで提供できることでお客さまへのソリューション提案の幅が広がった。 東京都港区に本社を置き、ネットワーク・システムインテグレーション事業を行っているレンジャーシステムズ様…
共創事例

稼働時間や位置情報を可視化で除雪車管理の効率化を共同提案

社名 株式会社フジクラ 設立 1910年3月 従業員数 57,228名(連結)(2019年3月31日) URL https://www.fujikura.co.jp/ POINT ・フジクラ様がLTE-M(LTE Cat.M1)対応のGNSSトラッカーを開発。 ・IoTBASE Cloudと接続し協業開始。長野県大町市の除雪車管理を提案。 ・除雪に関わる業務のシステム化が安価な方法で実現でき、役所、委託業者の積算業務の改善が図れ、更に住民サービスの向上も期待できることを確認。 LTE-M(LTE Cat.M1)対応のGNSSトラッカーを開発 フジクラ様は2018年に、3G回線に対応したGNSS…
最新情報

バッテリレス漏水センサに対応しました

IoTクラウドサービス「Canvas」とエイブリック株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長 兼 CEO 石合 信正、以下エイブリック)が製造する「バッテリレス漏水センサ」*の接続対応を行い、レンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)と漏水検知パッケージの提供を開始したことをお知らせします。 バッテリレス漏水センサについて CLEAN-Boost®**バッテリレス漏水センサは、水漏れした水から発電して無線で水漏れをお知らせするセンサです。電源を一切必要としないため、大掛かりな工事や電池交換の手間が掛からず、既存の建物や設備など、こ…
iotbase
2020年1月8日
最新情報

Momo社が提供する農業IoTシステムと連携しました

株式会社Momo(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:大津真人、以下Momo)が提供するIoTシステム「Agri Palette」と連携したことをお知らせします。今回の連携により、Canvasで農地環境を可視化し、畑やハウスにおける省力化や生産性向上に活用いただけるようになりました。 Agri Paletteについて 「Agri Palette」は、株式会社 Momo が農業法人に BtoB で納品してきたハードウェア/データハブのプラットフォームをサードパーティ開発企業向けに開放するサービスです。データ連携 (Web hook)技術により同一ハードウェアを用いてサードパーティ企業が自社サービスを…
iotbase
2019年12月26日
最新情報

IoTコネクティングサービス「monoコネクトBLE」と連携しました

レンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)が提供する「monoコネクト BLE」と接続対応を行ったことをお知らせします。 monoコネクト BLEについて monoコネクトは、人や物の動き・温度・明るさ・湿度・CO2濃度など様々な状態を検知するセンサーをBLEビーコン内に組み込んだIoTセンサーと、センサーデータを集約してクラウドに送る専用小型ゲートウェイを組み合わせたコストパフォーマンスとサービス設計の柔軟性に優れた、monoごとをつなぐIoTコネクティングサービスです。 特徴 ・低価格IoT事業への新規参入において阻害要因となるコ…
iotbase
2019年11月19日
ナレッジ

ZETAとは?マルチホップで既存LPWAの弱点を解決!

IoTという言葉が一般的になってきた今、IoTに最適な無線通信規格に関して様々な開発が進んでいます。特に、低消費電力かつ遠距離通信が可能な通信方式としてLPWA(Low Power Wide Area)が注目され、様々な通信規格が登場し、Sigfox、LoRaWAN、LTE-M、NB-IoTなど選択肢も大きく広がっています。 今回は、そんなLPWAの中でも新興勢力である、「ZETA」についてご紹介します。なぜ「ZETA」が注目を集めているのか、活用事例を交えながら分かりやすくご紹介していきます。 ZETAとは? ZiFiSenseが開発した独自規格のLPWA IoTで活用される通信規格は多岐に…
iotbase
2020年3月3日
ナレッジ

急速に拡大するグローバルなIoT回線!LPWAの中でも注目度の高いSigfoxとは?

モノのインターネット化が進みIoTという言葉が一般的になってきた今、IoTに最適な無線通信規格に関して様々な開発が進んでいます。特に、低消費電力かつ遠距離通信が可能な通信方式としてLPWA(Low Power Wide Area)が注目され、様々な通信規格が登場していますが、今回は、そんなLPWAの中でも注目度の高い「Sigfox」についてご紹介します。なぜ「Sigfox」が注目を集めているのか、活用事例を交えながら分かりやすくご紹介していきます。 IoTネットワーク「Sigfox」とは Sigfoxの位置づけ IoTで活用される通信規格は多岐に渡りますが、SigfoxはLPWA(Low Po…
iotbase
2020年2月26日
ナレッジ

LPWAとは?IoT時代に注目を集める「長距離・低消費電力」の無線通信技術を紹介

IoTには、Wi-FiやBluetoothのような無線規格が多く利用されてきましたが、近年では「LPWA」という無線通信技術が注目を集めています。IoTに最適と言われる「LPWA」はいったいどのようなモノなのか?今回は、LPWAの種類や特徴について紹介します。 LPWAとは? 長距離・低消費電力を実現する通信規格 LPWA(Low Power Wide Area) は、その名の通り「低消費電力かつ長距離での無線通信」を実現する無線技術の総称です。私達が普段よく使う、Wi-Fiは、2.4GHz帯や5GHz帯の周波数の電波を用いています。一般的には周波数が高くなるほど無線のデータを高速化できますが…
iotbase
2020年2月26日