IoTデバイスから取得した様々なデータを
分かりやすく可視化し、アクションにつなげる
企業向けのIoTデータ活用サービス

無料資料ダウンロードnavigate_next

VIEW

あらゆるセンサーデータを
1つのアプリで統合管理

データの特性に合わせて
3つの画面を切り替えて確認可能

パネルビュー

パネルビューは、あらゆるデバイスから取得したセンサーデータの最新値をパネル上に表示することができる画面です。デバイスごとに並んだパネルには、搭載しているセンサーごとの最新値を表示されるため、現在のセンサー情報を瞬時に確認することができます。

マップビュー

マップビューは、マップ上にセンサー情報を表示することができる画面です。動態管理における車両や人などの位置情報を管理したり、拠点ごとの設備の値をマップ上で確認するなど、位置関係を確認しながらデータを確認することができます。

リストビュー

リストビューは、あらゆるデバイスをリスト上に表示することできる画面です。複数デバイスをコンパクトに表示できる画面となっているため、ビーコンの所在管理のようにデバイス数が多くなるケースにも最適な画面です。

FEATURES

Canvasの3つの特徴

デバイス選択からデータ可視化まで
ワンストップで提供し現場課題を解決

マルチセンサー対応で
複数センサーを1つのアプリで管理

GPS、温湿度、照度、接点、傾斜、気圧、騒音、Co2濃度など20種類以上のセンサーに対応し、データの取り込み、可視化ができます。複数センサーを組み合わせて利用することも可能です。目的に合わせて活用することができます。

マルチ回線接続に対応し
主要IoT回線を組み合わせて一括管理

LTE-M、Sigfox、ELTRES、ZETA、LoRaWAN、BLEなど主要IoT回線をサポート済みのため、様々な経路から取得したデータをまとめて可視化することができます。複数の回線を組み合わせて利用することも可能です。

直感的な操作性で
誰でも簡単に利用可能

Canvasは「現場で使える」をコンセプトに、リテラシーを問わず、誰でも簡単に使えるUIを目指し、操作性を追求しています。自社でプログラムを組んだり、複雑な設定は一切不要で、デバイスが届いたらすぐに利用できます。

CASE

導入事例

サービスの導入事例や
パートナー企業様との協業事例をご紹介

事例一覧へnavigate_next

FAQ

よくある質問

自社デバイスと接続できるか知りたい
何台から利用できますか?
ロゴを変更して利用することはできますか?

ご希望のロゴに変更してご利用いただくことも可能です。詳しくはお問い合わせください。

デバイスの登録や管理はどうのように行うのですか?

ユーザー向けのアプリケーションの他に、管理者用のコンソールとしてManagerをご提供しています。Managerでデバイスやユーザーアカウントの登録・編集・削除などが可能です。

スマートフォンやタブレットでも利用できますか?

スマートフォンやタブレットのブラウザ上からアクセスいただくことが可能です。レスポンシブデザインに対応しているため、端末の画面サイズに応じて最適化された画面でご利用いただけます。

カスタマイズは可能ですか?

弊社が提供するアプリケーションのカスタマイズ開発は原則行なっておりません。
独自機能の追加が必要な場合は、IoTBASE CloudのAPIを活用した独自アプリの開発を推奨しております。
ただ、他社様でも広くご利用頂けそうな機能や、弊社の開発ロードマップにある機能に関しては、開発を検討させていただいております。
まずはお気軽にご相談ください。

1台から始められる
IoTBASE Cloudで
IoT導入を
検討してみませんか?

不明点やご相談、デモの依頼などもお気軽にお問い合わせください