IoTBASE Cloud
「物流業向けIoTソリューション」

配送車の車両管理サービス

配送車両の位置情報や運行情報を
リアルタイムに可視化することで
運行管理業務を効率化するIoTサービス

navigate_next無料資料ダウンロード

ABOUT

配送車の
車両管理サービスとは?

GPSデバイスを活用し
配送車の位置情報を遠隔から確認

IoTBASE Cloudの「配送車の車両管理サービス」は、GPSデバイスを車両に設置することで、トラックや配送車の位置情報や運行情報をリアルタイムに可視化し一括管理できるIoTサービスです。リアルタイムに位置情報を把握することで、お客様への連絡やドライバーへの指示出しをスムーズにし、運行管理業務を効率化します。

FEATURES

運行管理業務を効率化する
3つの特長

直感的な操作性で使いやすさを追求

大掛かりな設置工事は一切不要
簡単・スピーディに利用開始

大掛かりな工事は一切不要で、シガーソケット部分に取り付けるだけで利用開始できます。初期設定済みのセンサーがお手元に届くため、難しい取り付けや複雑な設定も不要です。

直感的な操作性で
誰でも簡単に利用可能

誰でも簡単に利用できるシンプルな操作性で、運行管理・パネル・マップ画面を切り替えながらデータを確認できます。タブレット端末やスマートフォンからもご利用可能です。

通知機能で発着状況を
社内外に瞬時にお知らせ

登録したエリアへのIn/Outを検知し、目的地の発着状況をメールやビジネスチャットで管理者や任意の第三者へ通知することができます。

FEATURES

サービス導入で解決できること

今、どこを走行しているのか
走行状況がリアルタイムに分かる

管理している車両の現在地と、登録した地点情報をマップ上で確認することができます。 車両位置情報をリアルタイムに把握できるため、誰がどこを走行しているかが分かり、 お客様への連絡やドライバーへの指示出しがスムーズになり業務を効率化します。

当日の出発・到着時刻の
予実管理ができる

運行予定を登録することで、当日の出発時刻や到着時刻といった運行状況がリアルタイムに管理できます。 ドライバーに確認しなくても登録された目的地への発着時間が分かるため、 問い合わせ対応等の工数を削減し運行管理業務を効率化します。 指定したルート通りに走行しているかの確認にも利用できます。

運行履歴から走行ルートの
最適化や配送計画を改善

走行ルートや目的地への発着時間などの運行履歴を確認することができます。 可視化された実際の運行データを分析することで、走行ルートの最適化や配送計画の改善につなげることができるようになります。

FAQ

よくある質問

何台から利用できますか?
アプリケーションのロゴを変更して利用することはできますか?

ご希望のロゴに変更してご利用いただくことも可能です。詳しくはお問い合わせください。

デバイスの登録や管理はどうのように行うのですか?

ユーザー向けのアプリケーションの他に、管理者用のコンソールとしてManagerをご提供しています。Managerでデバイスやユーザーアカウントの登録・編集・削除などが可能です。

スマートフォンやタブレットでも利用できますか?

スマートフォンやタブレットのブラウザ上からアクセスいただくことが可能です。レスポンシブデザインに対応しているため、端末の画面サイズに応じて最適化された画面でご利用いただけます。

カスタマイズは可能ですか?

弊社が提供するアプリケーションのカスタマイズ開発は原則行なっておりません。
独自機能の追加が必要な場合は、IoTBASE CloudのAPIを活用した独自アプリの開発を推奨しております。
ただ、他社様でも広くご利用頂けそうな機能や、弊社の開発ロードマップにある機能に関しては、開発を検討させていただいております。
まずはお気軽にご相談ください。

配送車の車両管理サービス紹介資料

配送車の車両管理サービス紹介資料

配送車の位置情報を可視化し運行管理を効率化する「配送車の車両管理サービス」の紹介資料です。サービス概要や構成、特長などを分かりやすく纏めました。